新しいビジネスを始めるならバーチャルオフィスを積極的に活用

SITEMAP

お洒落なイス

バーチャルオフィスなら自宅を引っ越しても登記上の住所はそのまま

観葉植物のあるデスク

フリーランスで事業を営む方、ネットショップを運営する個人事業主の方、固定費用を抑えるため仕事場は自宅の一室というケースは少なくはありません。賃貸物件でも事業所の所在として法人登記したり、ホームページ上に住所を掲載できることもあり、自宅住所をそのまま利用することもあります。しかし、引っ越しなどを考慮した場合、バーチャルオフィスを利用するのがおすすめです。
賃貸物件などで法人登記を行い、本社所在地としている場合、自宅の引っ越しが問題になってしまいます。引っ越しの都度、登記している住所を変更する必要が生じてしまいます。しかし、バーチャルオフィスを利用することで自宅を引っ越した場合でも本社所在地はそのままにすることができます。バーチャルオフィスのメリットは、本来の仕事場が変わっても登記情報を変更する必要がないという点にあり、費用などの節約にも繋がります。
また、自宅住所を公開する必要もありません。そのため、トラブルで引っ越しが必要になるというようなこともありません。自宅住所を公開している場合、クレームや嫌がらせ、事件などで引っ越しが必要になるケースがあるものの、バーチャルオフィスならこの問題を未然防止することができます。月額料金も数千円レベルで利用できるため、引っ越しが必ず生じる方はバーチャルオフィスを登記する時点から選んでおきましょう。

POST LIST

TOP